仮想通貨とは? 誤解を解く

Pocket

みなさんほんとに仮想通貨理解していますか!?!?

説明しますよ!?

なんです!………

 

しかし、これだけじゃよくわからないって方も多いですよね
どこもかしこも難しく説明しすぎだと思います

実際最初は私もよくわからなかった(;’∀’)

 

なのでゆっくり今回は仮想通貨について解説したいと思います
少しでも誤解が解けるように!

仮想通貨に管理者はいない

日本円だと、お札や硬貨を発行している中央銀行がありますよね

しかし、中央銀行つまり管理者が仮想通貨にはありません

 

管理者がいないので、お金を発行する場所もない

なので紙幣や硬貨といった日本円で慣れた仕組みは存在しないんですね

 

ですが、そのことにどんなメリットや特徴が出てくるのでしょうか?

全世界共通で使える

インターネットで行うやり取りなのでそこに国境はありません

 

海外旅行をしたことがある方だとイメージが付きやすいですね

円からドルへ

円からユーロへ

こういった貨幣の変換は手間ですし、手数料も時間もかかります

 

仮想通貨は国が管理しているわけではないので

そういった手間もなく国境を越えて取引することが可能

普及したら便利そうですよね(*’▽’)

仮想通貨でやり取りをするのはデータだけ

仮想通貨にはお札や硬貨がありません

実際に通貨を送ったりするのはデータのみになります

 

ウォレット(財布)と呼ばれるものに金額がいくら入っているという“データ”

AさんからBさんに何時、いくら送金したという“データ”

このようにデータだけのやり取りをします

データは改ざんされたり危なくないの?

 

その通りで、実際に今までのインターネットでは不可能でした
というより危なかったし担保もなかった

 

どこかが管理している以上“不正”の可能性もあります
誰も管理しない以上“改ざん”の可能性もあります

 

それを可能にする技術が登場し、注目を浴びたのが仮想通貨です

仮想通貨に使われている技術が凄い

それでは仮想通貨の根幹の技術とは何なのでしょうか

中央集権ではない金融の価値を裏付けている技術

結論から言うと、それがブロックチェーンです

ブロックチェーンとは

ビットコインのメインの技術として使われているものです

簡単に言うとネット上の分散型台帳

 

技術的な事はかなり難しいので概要だけ説明します

銀行の例で例えますが

銀行でお金を振り込む場合

送り主→銀行→送り先

このような順序で、中間に銀行が確認をしているので

不正”等ができないようになっていますね?

ブロックチェーン

送り主→ブロックチェーン送り先

このようにインターネット上のブロックチェーンの中で承認作業を行います

承認作業自体はユーザー誰でも参加することが可能になってます

誰でも参加するからセキュリティに不安を感じるかもしれません

 

しかしこれは高度な暗号を使い、誰が参加しようと不正のできない仕組みになっている

そして、多くの目にさらされていることで逆に信用が増し

これを可能にしている技術こそがブロックチェーンです

 

暗号を使っているので本来は“暗号通貨”と呼ぶのが正しいです

しかし日本では仮想通貨という言葉が広く普及しました

 

特徴については何となくわかってきたと思います

もう一つ仮想通貨を考えるうえで理解しておかなきゃいけない部分があります

 

それは仮想通貨の通貨との考え方の違いについてです

日本円は中央集権(集中型)

日本円であれば価値を担保する中央銀行が存在し

中央銀行は日本銀行券の発行をしています

中央で管理する【中央集権】という考え方です

中央集権とは

仮想通貨は非中央集権(分散型)

仮想通貨の場合、中央で管理するのではなく

皆でその価値を担保し合うことになり

非中央集権である【分散型】の考え方です


非中央集権とは

銀行の例で例えると

管理者がいるという事は手数料を取られているという事でもあるんですよ、

管理者がいなければその分安く済むことになりますし余計な手続きがいりません

 

その為金融に関して非中央集権にはメリットがあります

 

仮想通貨は根幹の技術であるブロックチェーンが金融と相性がよく

そして、最初にその技術を使って有名になったのがビットコインでした

 

多くの方が勘違いをしている

お金をインターネット上でやり取りできることが凄いのではなく

このブロックチェーンという仕組みによって

  • 不正がほぼ不可能
  • 中央集権の脱却

この点が大きな革命なのです

 

仮想通貨は“怪しい”という考え方はあまり私は好きではありません

大きな技術の革新があり、理解をした一部の人が目を見開いている状況なのです

 

ブロックチェーンはお金のやり取りだけでなく

色々なことに応用ができます

まとめ

今回は仮想通貨について少しお話をさせていただきました

 

私は仮想通貨に関してとても将来性を感じています

 

世間的には、“投資”的な部分が悪目立ちしてしまったのは否定しません

しかし、投資としても将来を見据えれば有望でしょうし是非とも応援する人が増えて

ブロックチェーンの技術が発展し、より便利な世の中になってくれるといいなと思っています

 

仮想通貨の事を語りましたが、ブロックチェーン技術の応用力は幅広く

色々な技術が生まれていっています

 

是非、仮想通貨に興味を持って、どんどん期待していただければと思います

 

最後までお読みいただきありがとうございます

以上のぶおでした

のぶお

名前 のぶお 営業サラリーマン 兼投資家 趣味 音楽 自然鑑賞 格ゲー  脱サラを目指して仮想通貨へ投資を始める。成功する前に脱サラをしようとし、嫁に怒られた。