Dapp について考える 今後の可能性と課題

Pocket

こんにちはのぶおです

ご来場ありがとうございます!

 

始めに言っておきますが、ダップらしいです

 

そうそう仮想通貨界隈ではDappというものがコツコツ増えてきていますね

 

最近ではイケハヤさんがイーサエモンという

ブロックチェーンを使ったゲームのツイートをしていたのが記憶にあります

思いっきりポケモンの名前をもじったパクうわなにするんだヤメロ……

こういった新しいアプリが出現してきています

 

でもそもそもDappってなんだ?どんな利点があるのか?ここについて記載していこうと思います

Dappとは

Dapp(ダップ)は簡単に言うと

スマートコントラクトやブロックチェーンを使って作られたApp(アップ)のことです

APPとはアプリケーションの略で巷ではアプリと略されてますね

 

アプリと聞くと“パズドラ”とか“モンスト”とかが思い浮かびますが

そこにスマートコントラクトが加わるとポケ…“イーサエモン”になるわけですね

スマートコントラクトについてはこちらの記事で解説されています

APPとDappの違い

Dappの優位点

DappはDecentralized Applicationsの略です(自立分散型)

定義としては

  1. オープンソースでユーザー主体
  2. ブロックチェーンが使われている
  3. 独自トークンが発行されている
  4. 報酬として貢献したユーザーに支払われる

大まかに上記4つとなります

 

まず、一点目にオープンソースなのでApp自体の改善などがユーザーにもできるという点

ユーザー主体でああしようこうしようという事ができますね

 

二点目はブロックチェーンであること

これはデータの改ざんができないことを意味しますので、

チートなどの不正を防止します

また、分散型であることでサーバーダウンなどのリスクが著しく低くなります

 

3点目と4点目は独自トークンについてですが

Dapp上にもパズドラでいう魔法石のようにトークンが使われます

大きな相違点はそれが売買できるという事でしょうね

 

また利用によって報酬が獲得できることが経済圏の拡大につながるでしょう

 

ゲームで例えましたが、メディアに記事を投稿したらトークンがもらえる

技術を教えたらトークンがもらえる等

活用する方法は無限にあります

活用事例

steemit

メディアの情報提供をユーザーが評価し

その情報の投票数に応じて報酬がもらえます

いい情報をたくさん拡散すれば沢山方数がもらえる仕組み

steemitについての記事はこちら

Sola

こちらもメディアアプリ

投稿をエンドース(支持)されると報酬がもらえます

Solaの記事はこちら

Gnosis

未来予測市場というものですね

明日晴れる→晴れた→報酬

あのチームが勝つ→負けた→報酬

ブックメーカーに近いですがDappプラットフォームという点で

胴元がいないなど中央集権にできないアプローチができます

グノーシス公式

Dappの問題点

基本的にはDappはAppにできないことができるのですが

Dappはappとは違う問題点もあったりします

トランザクションの問題

基本的にDappはスマートコントラクトを利用します

その為、殆どのDAppはイーサリアムネットワークが使われておりますので

今後沢山イーサリアムネットワークの処理が生まれると処理が追い付かなくなる可能性があります

 

実際に2017年の12月ごろからICOの乱発により

送金遅延が大々的に起こりました

 

これはイーサリアムの運営側も認めており

それの対応方法として

  • lihtning netwark(ライデンネットワーク)
  • palasma(プラズマ)
  • sharding(シャーディング)

等色々な方法でその問題の解決を試みています

 

技術なことは正直難しいので割愛します

気になった方は技術について調べてみてください

 

ちなみにプラットフォームという点では

NEOやLISKといった似たよう物でも同じ問題は潜在的にありますが

利用の多いイーサリアムが一番早く表面に出てきただけです

安全性

DAO事件という事件で過去にイーサリアムを大量に盗まれたことがあります

スマートコントラクトは簡単にコードが書けて誰でも作成できるというのも一つ売りですが

 

セキュリティ的な欠陥が生まれてしまうと、

DAO事件のような悲劇が生まれてしまう可能性があるのです

 

大体どこを調べても“バグ”ってゼロにするのは難しいみたいなんです

人気のゲームも裏技的な感じでアイテム増殖のバグがあったりしますよね

 

そのようなバグがもし致命的なものだとという事です

今後出てきたら面白そうなDapp

色々考えてきましたが

実際に消費者に届いたときにDappという形で市場に出回ると思います

 

それがブロックチェーンの浸透のキーになるでしょうし

その為の“キラーアプリ”って必要だと思うんですよね

 

それで私なりに、素朴なアイデアを考えてみました

 

ID系ブロックチェーンを使った自己紹介系

selfkeyとかでID系のブロックチェーンが出てきましたけど

あれの応用版です

 

自分の情報をスマホで持ち歩ける

 

例えば就職活動

履歴書が共有できて経歴改ざんもできないし、データで情報を共有できる

個人情報の流出もないですし、いちいち会社によって履歴書を変える必要もない

 

用はselfkeyなんですけどw

 

これってしかも“出会い系サイト”とか“婚活”とかにも使えると思うんですよ

病院のカルテとかも全部共有できるIDブロックチェーンがあればいいのに

マイナンバーとか役に立たないし…

 

FACEBOOKも出会い系みたいに使う人多かったですもんね

ブロックチェーンを使ったMMORPG

やったーお金稼いだぞー!こんなことになるかもしれませんね

 

ゲーム系のブローックチェーンを望む声が多いですね

それと相性がいいジャンルってMMOだろうなと

 

例えばアイテム採掘を依頼したりして報酬を渡す

モンハンでいえば、クエストを依頼する側とされる側だったり

お店開いたり畑作って、農場のアイテムをゲーム内トークンと交換

 

現実の食料などはそのトークンで買えばいい

 

国も電子上にできますよ、土地問題なんてないですし。

まとめ

私の知識ですら夢が膨らみますブロックチェーンは

 

きっとDappがそうと知らず民衆が使っていくようになるんだろうな

と思ったりしています

 

できることは無限大、もし何かいいDappがあったら教えてください

以上のぶおでした

 

最後までお読みいただきありがとうございます

のぶお

名前 のぶお 営業サラリーマン 兼投資家 趣味 音楽 自然鑑賞 格ゲー  脱サラを目指して仮想通貨へ投資を始める。成功する前に脱サラをしようとし、嫁に怒られた。