ビットコイン

Pocket

こんにちはのぶおです

 

ビットコインって世間でよく聞くようになりましたね

ビットコインは一つの決済方法として認識してる方も多いと思います

『電子マネーみたいなものでしょ?』

こんな気持ちで仮想通貨に触れ始めた方も多いと思います

私もその一人です

 

しかしビットコイン調べてるうちに思いました

 

私は皆さんにビットコインの凄さに気付いてほしい

 

実際に当初100円くらいだったビットコインは価値を認識され現在100万円以上の価値になり

投資額の10,000倍以上の利益を得た方も多くいたようです

 

ビットコインは高いから凄いのではない!!

 

ビットコインには値段が付くだけの理由があります、

今回はそのビットコインの仕組みを紹介しようと思います

 

ビットコインは仮想通貨の基盤であり

これを理解することで、ほかの通貨も理解できるようになると思います

是非、仮想通貨の第一歩として勉強しましょう!

ビットコインとは?

ビットコインは短く説明するとP2Pで運営された分散型台帳です

サトシ・ナカモトという謎の人物の論文から作られました

ややこしい言葉が多いですね?一つずつ理解していきましょう

P2P(ピアトウーピア)とは?

みなさんの生活の中のもので考えてみましょう

例えば、皆さんがお金を誰かに送るときに銀行を使いますよね?

ATMを使うと一瞬で送金可能ですが、実際は

自分→銀行→相手

このようなお金の流れになります

これをクライアント型のサービスと言います。

真ん中に管理している大元がある。中央集権型のサービスです

 

P2Pはその反対に位置する分散型のネットワークのことです。

ビットコインはその仕組みを使っているので

誰かにお金を送金するとき

自分→相手

このように直接送金することが可能になります

相手の送り先さえ知っていれば、誰とでも直接繋がることができます

個々がそれぞれと繋がる

間に入るものがない!!

 

分散型台帳とは

先ほどの銀行の件でいうと

自分→銀行→相手

この送金の履歴を他の人が通常見る事はできません

 

反対に分散型台帳は誰でも取引が閲覧可能です

誰でも閲覧が可能でさらにみんなで取引を監視します

危なくないの?

取引自体は高度に暗号化されており、必要な取引の情報だけ確認できるようになっています

そして過去の情報が半永久的にネットワーク上に記録されます

巻き戻しはできません(※特殊な方法はある)

 

日本では“仮想通貨”ということが一般的ですが

海外では上記の理由で“暗号通貨”と呼ばれています(crypto currency)

 

仕組みの部分でクライアント型、分散型の二つの相違点が分かったと思います

ではビットコイン(分散型)のメリットはどこにあるでしょうか

メリット

みんなで監視しているので不正な取引がしにくい

制限が少ないので、面倒な手続きがいらない

中間を挟まないので取引手数料を抑えられる

手続きスピードが速い

管理する大元がサーバーダウンして使えなくなるといったリスクが少ない

※実際には大量の取引や価格の高騰によりスピードや手数料は増減します

デメリット

価格が不安定で、通貨として利用しづらい状況

一つの操作ミスであっさり消失する可能性があり自己責任

匿名性ゆえに、犯罪当の資金に流用される事が危惧されている

ブロックチェーンとマイニングについて

ビットコインの仕組みを理解するうえで

マイニングやブロックチェーンについても触れる必要があります

マイニングについて

ビットコインは管理する中央銀行のようなものがない、そのため

分散型ネットワークでビットコインを維持するために

それぞれのユーザーに力を借りる必要があります

 

送金の件で考えると

自分→ココ→相手

相手に届くまでに、他のユーザーが確認し間違いないことを計算します

誰でも参加できますが、一番計算の早かったものにネットワーク上に

移動された履歴を書き込む権限と報酬が与えられます

報酬は送信者が決めた手数料と新しく採掘されたビットコインです

手数料はコインチェックなどの取引所を介する場合固定される場合もあります

書き込んだ情報は他の人に再度確認されます

 

そしてこの行為を通称マイニングと言います

その行為をする人をマイナーと言います

 

報酬が与えられるので、マイナーを一定数保つことが可能になり

参加者が多いほど、ビットコインネットワークはより強靭なものになっていきます

ブロックチェーン

ビットコインを理解するうえで、ここが一番ややこしいかなと思います

 

まず先ほどの送金を細かく分けていきます

  1. 相手にお金を送るため署名する(秘密鍵)
  2. 送金情報をトランザクション(契約)としてネットワークに流す
  3. 複数のトランザクションが集まりブロックができる
  4. ブロックは約10分に一回計算される
  5. マイナーがブロックを計算
  6. 一番早かったものに手数料と新しく採掘されたビットコインが付与
  7. 相手に着金

このようになっています

自分の所持しているビットコインは所有権の代わりとなる秘密鍵を同時に持っています

これはネットワークにトランザクション(契約)を流す権限になります

秘密鍵は他の人にわからないようになっており、

そのため他の人がビットコインを勝手に動かせないようになっています

 

秘密鍵を持っているという署名をすると初めてビットコインが動き

相手にこれだけ送るよと署名をし送金情報をネットワークに流す

この送金情報をトランザクション(契約)と言います

 

トランザクションはネット上のブロックという場所に集められます

ブロックは仮想通貨によって容量が違いビットコインは1MB(メガバイト)です

 

ブロックは高度に暗号化されており、

パソコンのGPUを使い高度な計算をすることで

送金情報と送金先が紐づけられます

 

ブロックは過去から今まで一方通行でつながっております

例えば、1ビットコインを送金した情報を過去からさかのぼり

A→B→C→D

という風にブロック状に繋がっていくので

ブロックチェーンと呼ばれています

 

繋がった過去の情報があるので

例えば不正を働こうとして

A→B→C→D

  ↓

  E→F

と書き換えようとしても、情報に相違が出るので

その取引は多くの監視者によって否決されます

 

判決の方法は多数決が使われており

よりブロックが長くつながってる方が優先されるので

過去は改ざんできないようになっており

セキュリティが強いのです

 

じゃあ無理やり長く計算しちゃえば改ざんできる?

 

不正を行う場合、圧倒的な大多数の計算力を上回る必要がありますが

少数対多数となり、事実上計算力を上回ることは難しい

その為、事実上不正は不可能ということになります

 

これがビットコインのブロックチェーンの仕組みです

発行量と単位について

ビットコインは発行量に上限が設けられてます

発行量の上限は2100万BTC

単位はBTCです

すべての発掘が完了すると

マイニング報酬は手数料のみとなります

 

2100万BTCが上限ですが実際には0.001BTCなど小数点以下の計算が可能です

1BTC

100万分の1BTC→1ビット(bits)

1憶分の1BTC→1satoshi

となります

テレビなどで1ビットと言われたりしますが間違った呼称になります

まとめ

上記の内容を理解していくと

緻密に計算された新しい技術であり技術革新であり

投資の対象として魅力的に感じる方もいるのではないでしょうか?

 

発行枚数に制限があることで希少価値も生まれたり

大きな技術革新の期待など色々なものが加わり

相場の価格は異常な上昇を見せています

 

単純に投機対象としてではなく

大きな期待を込めて投資をするのもいいと思います

 

以上のぶおでした

 

のぶお

名前 のぶお 営業サラリーマン 兼投資家 趣味 音楽 自然鑑賞 格ゲー  脱サラを目指して仮想通貨へ投資を始める。成功する前に脱サラをしようとし、嫁に怒られた。