Golem【GNT】 コンピューター版Uber

Pocket

こんにちは、のぶおです

 

今回はgolem(ゴーレム)というブロックチェーンを紹介したいと思います

golemはスーパーコンピューター

ゴーレム

RPGゲーム等の定番モンスターの名前ですが

名前の由来はユダヤ教の伝承に登場する自動で動く泥人形

 

タダの泥でも集まれば大きな力になります

 

ブロックチェーンのゴーレムの目的は

誰でもアクセスできるスーパーコンピュータをネット上に作ることです

 

 

その方法はブロックチェーンの技術を使い

ネット上のパソコンをゴーレムのように合体させてしまう事

 

もちろんボランティアで協力を募るわけではなく

使う側、合体する側双方にメリットが生まれるようになっています

 

 

ゴーレムに参加する方法は二つあり、

マシンパワーを貸す側と使う側に分かれます

  • マシンパワーを貸す → GNTトークン獲得
  • マシンパワーを借りる→ GNTトークン支払

貸す側にはトークンが支払われるメリットがあるので

より多くのマシンパワーが集まりやすい

集まれば集まるほど

使う側のメリットも増加します

 

トークン支払いのシステムはイーサリアムをベースにし

スマートコントラクトが利用されています

 

スマートコントラクトに関してはこちらの記事に記載があります

 

ぶたくん
スーパーコンピュータをネット上に作ってしまおうという事だな

のぶお
そして誰でも使うことができるということです

 

出来上がったスーパーコンピュータの計算力は

  • 機械学習(AIやロボトミー)
  • 科学計算(薬の開発等)
  • CGIレンダリング(2018年初頭稼働予定)

このようなものに使われる予定です

 

計算力がそこまで必要なのか?といった疑問も出ると思いますが、

新薬の開発などは膨大な計算量が必要となり、

汎用コンピュータでは2年かかるような計算が存在します

そのためスーパーコンピュータ等の開発のニーズはとても高く

現在も開発が広く行われています

 

しかし、従来のスーパーコンピュータは設備の大きさや電気使用量など色々な面でデメリットも出てきます

例えば、スーパーコンピューター【京】というものが有名ですが

 

部屋一つ分の大きさ、CPUが8万個、規模が大きく電気代もそれだけかかります。

golemを利用すれば目の前の端末が安価で高性能なスーパーコンピュータになるということです

 

ぶたくん
シンプルなアイデアでも色々な方面で役に立つプロジェクトなんだな
のぶお
golemがきっかけで色々な分野の発展が望めるかもしれません

ゴーレムをテストできる

ゴーレムアルファリンク

 

golemはテスト版(Brass Golem)で試用することができます

テスト版なので利用できるトークンは

GNTではなくtGNT(テスト用トークン)です

 

現在も開発者を募りつつ開発をしており

golemプロジェクトへの情熱がとても感じられます

CEOの特徴

創業者にジュリアン氏。ポーランド出身で元々経済産業省にいたような方です

この方は、golemをコンピューター版のUberと例えています

Uberはタクシーサービスの新しい形です

誰でも登録すればタクシー運転手にまたお客様にもなれる個人タクシーサービスです

結構表にも出てきます

ぶたくん
なんか難しいこと言ってるぞ
のぶお
私も数学的な話がちんぷんかんぷんでしたw
ぶたくん
ただ社会貢献する意義は大きいから、応援したくなるな

チーム一覧ページ

価格推移

golemはイーサリアム系のICOでは

当時二番目の規模となる860万ドルを調達できています

順調に価格も推移しているようですね。

 

今後の展望としては、とにかく開発が進むこと自体が

golemの鍵となります

β版のリリースが望ましいところです

 

ただ確実にニーズのある分野であることは間違いないです

私も使ってみたい

 

取り扱いのある取引所は

 

huobi

bittrexx

 

等で取り扱いがであります

円建てでの取引はできないので

BTCやETHなどを購入して

海外の取引所に送る必要があります

 

 

ぶたくん
golemがガンの新薬などを作る未来が見えるな

 

のぶお
AIの発展にも貢献するでしょう是非応援したいプロジェクトの一つです

 

以上のぶおでした

 

 

のぶお

名前 のぶお 営業サラリーマン 兼投資家 趣味 音楽 自然鑑賞 格ゲー  脱サラを目指して仮想通貨へ投資を始める。成功する前に脱サラをしようとし、嫁に怒られた。